鹿の湯②

温泉・鹿の湯に行った時のこと、その②です。

私が今まで、鹿の湯に行くことにためらいがあったことの理由に、「作法があるらしい」ということがありました。(今回私は、予め公式HPをチェックしてから行きました。)

ほかの方の口コミ(グーグルマップ)では、『常連らしい方から、入浴についてアレコレ言われる』というものを見ていたからです。

実際に入ってみたところ…本当に言われました。

びっくりしました。

女湯は浴槽が全部で5つ。温度別になっている、41・42・44・46度のもの

それぞれ一つの浴槽に入るマックスの人数は4人かな・・・。

それ以外に、42.5度の浴槽広めの(マックス10人くらいかな)が一つ。

常連らしき方に言われたのは、46度の浴槽に入ろうとした時です。

「私が入っている間、入らないで」と言われました。

(脱衣所、浴場にはそのような注意書き等なかった。)

びっくりして、その方の顔を見たところ、(一呼吸おいてから)

「静かに入るなら、入ってもいいよ。ほんとに静かにね。上がるときも静かに上がってね。すぐ上がるなら、入らないで」とのことでした。

(チャレンジ精神旺盛な私は内心・・「絶対すぐ上がらない。根性入れて入るから。」と決めて、そ~っと入湯)

案外大丈夫。はいっていられる。

3分以上・はいりきって、そ~っと出ました。

46度の浴槽に満足した私は、その他の浴槽を満喫。

(よし、あがる前に、もう一度46度の浴槽に3分チャレンジしてからあがろう)と思って、

46度の浴槽に近づいたら、さっきの常連さん、今度は他のお客さんに指導中。

常連さん→「46度の温泉は、本当に熱いから、水流が起こるだけで入っている人がやけどする場合もあるから・・だから、そ~っと出入りしないとダメなの。はいっていられないなら、入らないでほしいのよね・・。」

私は、その理由を聞いて初めてわかりました。なるほど~。

そして、再度46度浴槽にチャレンジしたとき、指導してきた常連さんとそのお連れの方が上がるとき、(私は46度のお湯の水流が起こるのを実際に体感。)『やけどは大げさ。やけどはしないよ・・』と思いました。

むしろ、湯が身体に当たるピリピリする感覚に心地よさを覚えました。

この心地よさ、クセになる(笑) たまらない(笑)

ぜひ、皆さんにも体験してほしい❣

常連さんは、おそらく、いつでもいらっしゃるし、指導もしてくださると思うけど…。

私が感じた鹿の湯・作法?のまとめ

①常連さんの「私が入っている間は入らないで」→これはこの方からの私に対するお願いである。

②なるべくこの方のお願いを考慮しつつ、私のニーズも叶える努力(対話)をする

③お店からしたら、常連さんは大切なお客様。でも、その他の方も大切なお客様。お店から特別な指示がないのだから客同士で対話し、解決すればそれでよい。

なのではないかな…。

すっかり鹿の湯・ファンになってしまった私は、常連さんと対話することも楽しみに、今後も鹿の湯に行くことを決めたのである!

投稿者プロフィール

Akiko Mashiko
ブログを発信しながら、熱中できることを探しています。
記事が参考になったら嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら