本当の思いやり

今、私はカウンセラーになる勉強をしています。

この仕事を行って行くに当たり、カウンセラーには相当な覚悟が必要だ、と私は感じています。

クライアントさんが、表面上では(言葉としては)語らないけれども、本当に悩んでいる、迷っていることは何なのか。ありたい自分は何なのか、どこを目指したがっているのか、ここを感じる必要があります。

そして、それを感じることができたならば、カウンセラー自身が痛みを感じたとしても、クライアントさんに伝える必要があります。

 我が師匠にスーパーバイズ(自分のセッションにアドバイスをもらうこと)をもらう機会がありました。

師匠は、迷いなく(私には迷いがないように見える)その時に、クライアントさんに気づきを伝え、カウンセラー役である私に対しても必要なフィードバックを与えてくれます。

クライアントさんにとっても、私にとっても重要な気づきをもらえるのですが、両者とも痛みを感じます。

でも、一番の痛み・怖さを感じるのは師匠自身なのではないかと感じています。

わたしに、それをやる覚悟はあるのか?自信はあるのか?身を切る思いをしても相手に必要なことを伝える愛があるのか?

いま、問いかけています・・・。自分自身に・・・。

投稿者プロフィール

Akiko Mashiko
ブログを発信しながら、熱中できることを探しています。
記事が参考になったら嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら