私のビリーフ『私は淋しい』

私は、ビリーフ(=長年信じ込んでしまった考え)『私は淋しい人だ』『私は取るに足らない人だ』を持っています。

「淋しいなら、淋しくないように行動を起こせばいい!」と思ってしまいますが、それが逆で、「『淋しい』を感じることが嫌だから、そもそも、人と交わらないという現実や、人と出会う場面を避ける」を選択して実行しまいます。

もう一つのビリーフ「『私は取るに足らない人だ』は、誰も私に関心なんて持ってくれないだろう。だから、いつでも一人だし、それでも仕方がない。」と受け入れるのが当たり前になっていました。

『傷つくことが怖い』ので、自分から行動しようとはしません。

でも、昨日はそれを打ち破る出来事が起きてくれました。

しかも、相手から私に対して繋がりに来てくださったのです。

こんなに嬉しいことはありません。

大人になってから、『心躍る出会い』なんてない・・・。

↑ そんなことはありませんでしたよ。

素敵な出会いがありましたよ。

私にも起こるのですから、きっとあなたにも起こりますよ!

起きた時に、それをあなたがどう感じて、どう行動するかにかかっている!

私は、今、そう感じています。

投稿者プロフィール

Akiko Mashiko
ブログを発信しながら、熱中できることを探しています。
記事が参考になったら嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら